子役

世の中は子役ブームである
テレビをつけると子役が活躍している
芦田とか福とかいっぱいでていますね。
子供たちの親も必至で稼ごうと頑張っています。
そうなんです。今しかないのです。子役は
私の考える理想的な顔立ちは、小学生までが一番可愛いのです。
小さな顔にバランスのとれた目、鼻、口と素晴らしい位置に配置されています。
小学生も高学年になると、顔が伸びてきて普通のブスになります。
だから、親も稼ぐのは今しかないと頑張っているのです。
そこで、子役ビジネスはどうかと考えてみましょう。
一口に言うと、あたるとでかい!
一人でも売れっ子がでると、その事務所は応募の嵐です。
現在、有名子役をかかえる某アカデミーは聞いたところでは東京だけで6000人越えです(^_^;)
この数字は何を意味するかわかりますか?
これはお金を払って入ってきた子供たちです。
この人数かける所属費用だけでビルが建ちますよ(笑)
その人数で毎月のレッスン料とか写真代とかいろいろ稼いでいます。
そりゃ、脱税もしたくなりますよ。(笑)
脱税で捕まっても、売れっ子が何人もいればまったく影響ないですね。
毎月沢山の子供がオーディションに応募しにきます(^v^)
こりゃ、美味しすぎる商売です。
だが、このような美味しい商売はどこの事務所でもやっています。
タレント希望の子、歌手、お笑いとどこでもやっています。
なにしろ、学校ですから(笑)
すごいものですよ。
かつて私も同じようなことを考えたのですが
色々考えた末に、辞めました。
例えば、事務所です。
タレント希望する子が面接しに来た時に、ここでタレントになりたいと思わせる
事務所作りが必要になってきます。
事務所作りの中にはもちろんしっかりとしたマネージャーなども必要で
デキルマネージャー集めに苦労したのが一番でしたね。
デキルマネージャはみんなスグに独立しますから
余っているマネージャーは他所で役にたたなかった人が殆どですので
とまあ、タレント学校は諦めました。
ただ、ノウハウはありますので希望者にはレクチャーしますよ。